ここから本文です

18歳シャポバロフ、大健闘もベルディヒに一歩及ばず惜敗<男子テニス>

6/22(木) 16:19配信

tennis365.net

AEGON選手権

男子テニスのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は21日、シングルス2回戦が行われ、18歳で世界ランク193位のD・シャポバロフ(カナダ)は第7シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)に6-7 (4-7), 7-6 (7-4), 5-7のフルセットで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

【錦織vsカチャノフ 1ポイント速報】

シャポバロフは予選2試合を勝ち抜き、1回戦で地元期待のK・エドモンド(英国)を破った。この日は第2セットで鮮やかなシングルバックハンドのパッシングショットを決めるなどで会場を沸かせたが、ファイナルセットではベルディヒに1ブレークを許して2時間15分で力尽きた。

2016年のウィンブルドン・ジュニア男子シングルスで優勝したシャポバロフは、昨年7月のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)1回戦でN・キリオス(オーストラリア)を下してツアー初勝利をあげている。

勝利したベルディヒは、準々決勝でJ・シャルディ(フランス)とF・ロペス(スペイン)の勝者と対戦する。

同日の2回戦では、第6シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)はベスト8へ進出したが、第5シードのJW・ツォンガ(フランス)は敗れた。

tennis365.net

最終更新:6/22(木) 16:19
tennis365.net