ここから本文です

米津玄師 新曲「ピースサイン」は『僕のヒーローアカデミア』に導いてもらった

6/22(木) 20:00配信

TOKYO FM+

米津玄師さんが、6月21日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』の新オープニングテーマで、この日発売されたニューシングル「ピースサイン」について聞きました。

◇◇◇◇◇
とーやま校長「僕らも聴かせてもらいました。シンプルに、めちゃめちゃかっこよかったです」

米津「そうですね。今回は王道のロックみたいなものがやりたくて、“ギター・ドラム・ベースがバーン!”みたいな感じになりましたね」

とーやま校長「米津先生の曲は色んな景色が出て来るんです。見たことある景色だったり、ない景色だったり。でも今回の『ピースサイン』は、一点突破。前傾姿勢で走り方とかどうだっていいから、取りあえず駆け抜けるっていう感じでした」

米津「そうですね。新しい感じにはなったと思っています。でもそれは『僕のヒーローアカデミア』に連れて来てもらった感じがすごくしているんです。『僕のヒーローアカデミア』の曲を作るってなった時に、“じゃあどうしようかな?”と色んなことを考えたんです。例えば、曲にシンセを乗せたり打ち込みを乗せたり色気づいたりして(笑)。色々やったんですけどそのどれもしっくりこなくて、最終的には今の感じになったんです。それはもう、最初からそういう姿だったんだろうなと思って。『僕のヒーローアカデミア』が最初から持ってる姿がそういうものであって、俺はそこに導いてもらったっていう感じがすごくします」

とーやま校長「(2曲目に収録の)『Neighbourhood』もめっちゃいい曲ですね。どこに向かっての曲なのかなって思いながら聴いていました」

米津「ありがとうございます。これは、『ピースサイン』もそうなんですけど、自分の子供の頃の記憶というか、そういうものを思い返しながら作りました。子供の頃、楽しかったこともいっぱいありましたけど、その反対側のしょうもない出来事とか苦しかった出来事みたいなものも自分の中で色濃く残ってるんです。だからそういうものを今一度呼び覚まして、今の26歳の自分と子供の頃の自分っていうものを対話させてできあがったのがこの曲です」

とーやま校長「じゃあ、昔の米津くんは喜んでるのかな?」

米津「どうなんですかね? ……怒られそうなことをしてるなって思いますけどね(笑)」

とーやま校長「でも、未来の自分がこんな曲を書いて届けてくれるって、こんなに誇らしいことはないですけどね」

米津「結構、怒られっぱなしなんですよね。対話してて、“お前まだそんなことでウダウダしてるのか?”みたいな。俺の中にいる12歳の少年の自分が、今の自分に言ってきたりするんですよ。その度に、“あ、すいません!”って感じでいますね」

最終更新:6/22(木) 20:00
TOKYO FM+