ここから本文です

【速報】錦織 2回戦途中棄権で8強ならず<男子テニス>

6/22(木) 19:51配信

tennis365.net

ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は22日、シングルス2回戦が行われ、第3シードの錦織圭は世界ランク38位のK・カチャノフ(ロシア)と対戦したが、2-3時点で左腰付近の痛みにより途中棄権し、2年ぶりのベスト8進出とはならなかった。

【錦織 右手首の怪我を語る】

この日、序盤から互いにサービスキープが続く展開となったが、第5ゲームが終了した時点でメディカルタイムアウトを要求。左腰辺りを治療を受けて試合再開したが、痛みで試合を続行することが出来ず無念の途中棄権となった。

初戦では、F・ベルダスコ(スペイン)に第1セットを先取されるも6-7 (7-9), 6-3, 6-4の逆転勝ちをおさめて芝初戦を白星で飾り、2回戦に駒を進めていた。

また、今大会はベルダスコとペアを組んでダブルスにも出場。第1シードのL・クボット(ポーランド)/ M・メロ(ブラジル)組に善戦したが、4-6, 6-4, [8-10]のフルセットで敗れてベスト8進出を逃した。

27歳の錦織は、先日行われた全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で2年ぶりのベスト8進出を果たし、今大会からの芝シーズンに臨んでいた。今後は7月3日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に出場する予定。

一方、思わぬ形で大会初のベスト8進出を果たした21歳のカチャノフは準々決勝で、予選勝者のM・ユーズニー(ロシア)とワイルドカードで出場のA・ルブレフ(ロシア)の勝者と対戦する。

tennis365.net

最終更新:6/22(木) 20:00
tennis365.net