ここから本文です

ペップに見限られたスペイン代表ウインガー セビージャ移籍が秒読みに

6/22(木) 20:02配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今季前半は好調ぶりをアピールも......

昨夏に鳴り物入りでセルタからマンチェスター・シティへの移籍を果たしたノリート(スペイン代表FW)。今季前半はコンスタントに出場機会を得ていた同選手だが、レロイ・サネやガブリエウ・ジェズスの台頭により第19節以降の国内リーグに1試合も先発できずにシーズンを終えるなど、不本意な成績となった。

こうした状況のなか、今季のリーガ・エスパニョーラを4位で終えたセビージャが同選手の獲得に本腰を入れたと、英『Daily Mail』が伝えている。マンチェスター・シティ側が1000万ポンド程度(約14億円)の入札額で交渉に応じる構えを見せていることや、セビージャで会長を務めるホセ・カストロ・カルモナ氏が「ノリートの獲得に近づいた」というコメントを発したことが、併せて報じられた。

英語の習得やイングランド特有の気候への順応に苦しんだことがスペインメディア『El Transisto』の取材で明らかにされたノリート。今季はプレミアリーグに挑戦するにあたっての準備不足を露呈し、ジョゼップ・グアルディオラ監督からの信頼を勝ち取れなかった同選手だが、捲土重来を果たすことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/