ここから本文です

梅田にスピッツカフェ、チェリーパイも登場

6/22(木) 9:00配信

Lmaga.jp

国民的4人組バンド・スピッツが今年結成30周年をむかえ、それを記念したコラボカフェが6月23日、TOWER RECORDS CAFE 梅田NU茶屋町店」(大阪市北区)に期間限定でオープンする。

【写真】NU茶屋町には現在、秦 基博のカフェもオープン

「チェリー」や「ロビンソン」「空も飛べるはず」など、もはや誰もが歌える楽曲を多く持つスピッツ。コラボカフェでは、そんな名曲をイメージしたメニューが登場。「愛してるの響きだけで強くなれる『チェリー』パイ」1000円(7/7~)や、「『涙がキラリ☆』パフェ」1000円、夏野菜とシーフードがたっぷりの「『夏の魔物』カレー」1200円などフードのほか、思い出のポッキー(1996年のCMソング)を添えた「『渚』イダー」700円などドリンクも揃う。なかでもスピッツのロゴを浮かべたラテ650円は1人1杯はマスト、オリジナルラベルの瓶ビールも販売予定(無くなり次第終了)。

店内では、デビュー当時から現在までのアーティスト写真パネルの展示や、ライブ映像の放映など、スピッツの30周年を振り返ることができる。ファンじゃなくとも、懐かしい思い出がある人も多いはず。友だちを誘ってスピッツの30年を振り返ってみては。混雑時は時間制限(90分制)および整理券制となる。期間は7月18日まで。

最終更新:6/22(木) 9:00
Lmaga.jp