ここから本文です

実締まりしゃきしゃき 大沢野成政らっきょう24日から収穫

6/22(木) 1:08配信

北日本新聞

 大沢野成政らっきょう出荷組合(野口章夫組合長)は21日、富山市坂本(大沢野)の畑で特産「成政らっきょう」の試し掘りを行い、生育状況を確認した。24日から本格的に収穫する。

 試し掘りには組合役員ら6人が参加。ことしは雨が少なかったため量はやや少ないものの、実が締まりしゃきしゃきとした特徴がよく出たラッキョウに育った。

 成政らっきょうは、戦国武将・佐々成政が大沢野地域にラッキョウを植えた伝承にちなんで命名。組合員13人が計2・2ヘクタールで栽培し、昨年よりやや少ない1・8トン程度の収穫を見込む。

 7月1日午前9時から富山市上大久保(大沢野)のJAあおば農産物直売所、みのり館前で販売する。3キロ入り2800円(税込み)。

北日本新聞社

最終更新:6/22(木) 1:08
北日本新聞