ここから本文です

京都の旅行代理店が高岡の工場・工房を視察  欧米富裕層向けツアー企画

6/22(木) 22:53配信

北日本新聞

 訪日外国人向けのツアーを組む旅行代理店「日本の窓」(京都市)の関係者23人が22日、高岡市内の鋳物工場や職人の工房を視察した。ものづくりをテーマにしたツアー商品の開発につなげ、日本の魅力を海外に発信する。

 同社は主に欧米の富裕層をターゲットにしたツアーを企画しており、年間約5千人を受け入れる。日本らしさを味わえるツアーのニーズが高く、伝統工芸が盛んな高岡を視察先に選んだ。

 釜師の畠春斎さん宅(金屋町)や梶原製作所(波岡)などを訪問。鋳物メーカー・能作(オフィスパーク)では、真ちゅうやスズ製品の生産現場を見て回り、担当者に外国人観光客の受け入れ状況などを質問した。23日は銅器着色の工場や高岡漆器の工房、酒蔵などを訪れる。

北日本新聞社

最終更新:6/22(木) 22:53
北日本新聞