ここから本文です

絵画と彫刻で心象表現 県立美術館で北陸二紀展

6/22(木) 2:03配信

北國新聞社

 二紀会北陸支部石川会の「2017北陸二紀展」(本社など後援)は21日、金沢市の石川県立美術館で始まった。34人が心象風景を表現した絵画と彫刻計37点を披露し、豊かな感性を伝えた。

 たたずむ女性の回りに、加賀友禅をほうふつさせる色鮮やかなボタンや滝の絵を配した力作などが来場者を楽しませた。亡くなった人の顔が雲に浮き出て見える作品は、現世との別れを惜しむ気持ちを表現した。空を飛ぶ絵描きをユーモラスに描くなど、各自のテーマを掘り下げる力作が目を引いた。25日まで。

北國新聞社

最終更新:6/22(木) 2:03
北國新聞社