ここから本文です

JR東日本新潟支社が観光情報誌を作成

6/23(金) 10:11配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 JR東日本新潟支社は、上越新幹線の開業35周年を記念した観光情報誌「新潟てつさんぽ」を作った。

 新潟支社が作った冊子が上越新幹線の車内に置かれるのは初めて。「駅からのまちあるき」をコンセプトに、新潟支社の社員が考案した。越後湯沢、宮内、北三条などの駅の近くにある酒蔵を特集し、周辺の観光スポットを紹介している。

 7月1日~8月31日の間、上越新幹線の座席のほか、新幹線が停車する首都圏などの駅に計8万冊が置かれる。新潟支社の担当者は「てつさんぽを読んで途中下車し、まちの散策を楽しんでほしい」と話している。無料。