ここから本文です

森高千里が「♪カブカブカブ…」と歌うカブドットコム新CM、24日よりOA

6/23(金) 4:12配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

カブドットコム証券株式会社が、あらたなイメージキャラクターとして歌手の森高千里を起用した新TVCM「窓辺」篇(15秒・30秒)が、6月24日から全国でオンエアされる。

【詳細】他の写真はこちら

今年、デビュー30年目を迎えた森高は、二児の母となった現在も第一線で活躍し、変わらぬ魅力を保ち続けている歌手であることから、4月からカブドットコムのイメージキャラクターとして起用されている。

新TVCMでは、屋根の窓に注ぐ陽ざしを浴びながら、森高が爽やかな表情でおなじみのカブドットコム証券のCMソングを歌い、窓辺の花に水を与えるというシンプルなストーリーを採用。多くの要素を持ち込まず、「ああ素晴らしい株の世界」と、株取引の魅力を耳に残るリズムとフレーズで歌い上げるストレートな表現を用いることで、「株を買うならカブドットコム」「株を売るならカブドットコム」というメッセージをアピールする。

スタジオでの撮影を前にCMソングのレコーディングを終えていた森高は、“♪カブカブカブカブカブドットコム証券”というリズミカルなフレーズがすっかり耳になじみ、撮影の合間や休憩中にも「カブカブ……」と、リズムをとりながら、小さな声で口ずさむこともたびたび。「つい口ずさんじゃいますね。クセになっちゃう(笑)。子どもたちも歌いそうな歌ですね」と、笑顔で談笑していた。

カブドットコム証券のTVCMは、基本コンセプトを変更することなく“♪カブカブカブカブカブドットコム証券”というおなじみのCMソングを採用し続けているが、この曲をTVCMで女性が歌うのは今回が初。「森高さんの爽やかな歌声が、このユニークな曲にこれほどフィットするとは、レコーディングが終わるまで誰にも予想できませんでした」と、プロデューサーも驚いた様子だった。

撮影の舞台は、明るい陽が差し込む屋根の天窓。カメラテストをしながら、屋根の瓦(かわら)の光の反射具合を、森高の歌声や花に水をあげるイメージに合うようにギリギリまで調整をし、現場スタッフ総出でペンキを塗った。

高い場所にはクレーンが入り、この修正作業が完了したのは、森高がスタジオ入りする予定時刻の5分前。本番では空の明るさが見えるような艶やかな瓦の質感が表現され、イメージどおりに撮影を完了することができた。ちなみにこのセットの瓦の素材は発泡スチロールで、本物に見えるよう絶妙な加工が施されている。

森高の爽やかな歌声に合わせ、クネクネと愛らしい動きでリズムに乗る花は、このTVCMに欠かせない重要なキャラクターのひとつだが、実は造花ではなく本物を使用しているとのこと。スタジオには多くの鉢植えが持ち込まれ、撮影監督が自ら本番に使用する花をセレクト。その動きもあえてCGを用いず、少しずつ動かしながらコマ撮影を行うアニメーション方式を採用し、最終的に映像を合成している。撮影時間や手間は多くなるが、細かな部分の質感へのこだわりが、このTVCMの完成度を高めている。

今回のCMオンエアを記念して、カブドットコム証券株式会社は6月24日より、「森高千里さん登場!新TVCM放映記念キャンペーン」を実施。詳細は、カブドットコムのオフィシャルサイトにて発表される。

森高千里 コメント
Q:カブドットコム証券のCMキャラクターに起用された感想は?
「(カブドットコム証券のTVCMは)とても印象的なCMだったので、オファーが来たとき『あのCMね』とすぐにわかりました。歌を歌うということを聞き、すごく印象的な明るい曲なので楽しみにしていました」

Q:カブドットコム証券のCMソングはいかがでしたか?
「誰もが口ずさめる曲ですね。私らしい感じが出せればいいな、明るく楽しく歌えればいいなと思いながらレコーディングさせていただきました。一回聴いたら忘れられないCMソングです」

Q:株に対するイメージ、今後の資産形成に関して興味はありますか?
「ニュースとか広告で株取引という存在は知っていましたが、私には難しいと思っていました。今回、CM に出演させていただくことになり、いろいろと(株についての話を)お聞きして、主婦や若い方にもできることがわかりました。私も教えていただいて勉強してみようと思っています」

カブドットコム証券 OFFICIAL WEBSITE
http://kabu.com/