ここから本文です

【香港】アマゾン、来年香港でクラウドインフラ運用

6/23(金) 11:30配信

NNA

 米アマゾンのクラウドサービス部門、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は21日、来年にも香港でクラウドインフラサービスの運用を開始すると発表した。香港企業のクラウドサービス需要の拡大に対応する。22日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。
 AWSは、香港で新しいクラウドインフラを構築することで、顧客の企業は地元でデータを保管できるようになるほか、高い柔軟性とスケーラビリティー(拡張性)を確保したアプリケーションを構築できると説明した。
 AWSのアレックス・ユン大中華圏担当マネジングディレクターは、「スタートアップ企業から大企業まで、顧客の企業にコストとアジリティー(俊敏性)面でのメリットを提供できる」と述べた。
 AWSのクラウドインフラは、世界16カ所の地理的リージョン内の43のアベイラビリティーゾーン(独立したデータセンターで構成)で運用されている。香港では3つのアベイラビリティーゾーンが配置される予定。

最終更新:6/23(金) 11:30
NNA