ここから本文です

市川海老蔵さんが会見(全文2完)「愛してる」と言ってそのまま旅立ちました

6/23(金) 16:14配信 有料

THE PAGE

愛してると言って旅立った

記者1:〓ご愁傷 00:03:22〓のところ本当に申し訳ないんですけれども、麻央さんとの最後のときはどなたがみとられて、どんな言葉を交わされたんでしょうか。

市川:そうですね。これが、私はきのうも舞台でございまして、それまで麻耶さんと麻央のお母さんとずっと看病をしてました。で、私はきのう、舞台が終わったあとに、ここで別の撮影がございまして、そのあとにロビーでまた別の稽古がございました。そしてそのときにお母さまからLINEが来てたんですけども、ちょっと僕は見ることができませんでした。約1時間半ほど遅れて見た内容が、具合が悪いと。ちょっとお医者さまも来ていて、家族を呼んだほうがいいというような内容でございまして、私もちょっと慌てて、急いで家に帰ったわけです。

 そうして帰りまして、まだ麻央はこの世にいてくれて、たまたま、本当にたまたまなんですけど、私がちょうど妻の前に座って、呼吸が苦しそうだったので、大丈夫かな、といっても、きのうは、おとついまではしゃべれたんですけど、今はちょっとずっとしゃべれずにいたんで、これは本当に不思議な話ですけれど、息を引き取る瞬間、私は見てました。そのとき、これは本当に不思議なんですけど、愛してると言って、彼女は、その一言を言って、泣いちゃいますよね。その一言、愛してると言って、〓** 00:05:44〓それで、そのまま旅立ちました。

記者1:愛しているという言葉は麻央さんは、ちゃんと受け止めたように思いましたか。

市川:いや、僕が言ったわけではなくて、彼女が旅立つ間際に愛してる、「る」が聞こえたか、聞こえないかちょっと分からなかったですけど。愛してると言って旅立ったのは、ちょっと、まあ、なんと言うのでしょうか。こんなに愛されていたのは、よく分かってたんですけど、最後の最後まで愛してくれていたって。なんとも言えませんね。すいません、なんか。どうしてもね、きのうの今日で何も準備ができてなくて、このようなところでお見苦しいところをご覧に入れてすいません。

記者1:でも最期、ご自宅で送ってあげることができたのは良かったなというふうに思われますか。

市川:それはとても良かったと思います。お母さまもお父さまも、私もお兄さまも麻耶さんも、で、子供たちもずっとそばにいられたので、すごく良かったなと。病院で、私は父は病院で亡くしてるので。病院のときとは違う、家族の中で、家族と共に一緒に居られた時間というのは、本当にかけがえのない時間を過ごせたと思いますね。

記者1:お子さまも含めてご家族で、皆さんで送ることができたと。

市川:はい。そうですね。子供たちも見ていました。

記者1:麻央さんは闘病の中で、やはりつらい中でも勇気、愛情、笑顔を忘れずに闘ってこられたと思うんですけれども、そんな麻央さんの生き方を、海老蔵さんはどんな言葉で〓***00:08:27〓ですか。

市川:おっしゃるとおり、本当に笑顔と勇気と愛情を、そして決してぶれない自分、そしてどんな状況でも相手のことを思いやる気持ち、愛ですよね。そういった力が最期までぶれず、おとついまで笑顔で話してて。きのうぐらい、おとつい、うん、きのうはやっぱりちょっと調子悪かったんでね、ちょっとわれわれ家族も急にそういうふうになってしまったので、戸惑った部分、すごく大きかったです。

記者1:海老蔵さんからはどのような言葉を送られましたか。

市川:僕ですか。え、いつ。

記者1:お亡くなりになった麻央さんに。

市川:もうこの世にある、ありとあらゆる言葉を耳元で話してましたけど。

記者1:海老蔵さんにとって麻央さんの存在、どんな存在でしたか。

市川:とにかく私を、どんな部分もどこまでも愛してくれていたんだなと。うん。存在っていうのは、うーん、まあね、存在ね。できればずっと一緒にいて、私のほうが先に逝って、彼女にはもっと幸せに、もっと楽しく、家族やお友達やご家族、麻耶さんやお母さんやお父さま、そして僕が、私が役者として成長してきた過程をずっと見守ってもらいたかった存在です。

記者1:麗禾さんと勸玄くんのご様子というのは。

市川:麗禾はきのうは、ずっと麻央のそばを離れませんでした。そして彼女の横でずっと、寝るといって寝てました。認識はしてると思いますね。勸玄はまだ、分かっているんですけれど、分かっていないところもあって、今日の朝も麻央の横になっているところに2人が、麻央の顔を触ったり、足をさすったり、手を握ったり、そういうところを見ると、私が今後背負っていくもの、やらなくてはならないこと、子供たちに対してとても大きなものがあるなと痛感しました。勸玄はまだ、分かってますけど、分かってないと思います。

記者2:お子さま2人にこれから。

男性:じゃあ最後で。

市川:もうちょっと大丈夫だよ。

※一部、判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:8,483文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:6/28(水) 6:04
THE PAGE