ここから本文です

『はげます会』豊田議員発言にハゲしく怒り ののしられた政策秘書にハゲましの言葉

6/23(金) 5:59配信

デイリースポーツ

 秘書への暴力行為を報じられたことを受けて自民党に離党届を提出した豊田真由子衆院議員(42)の「ハゲーーッ!」という絶叫について、ひときわ怒りを覚えている団体がある。頭髪の薄い男性たちが「暗い世の中を明るく照らそう」というモットーのもと集まる青森県鶴田町の「ツル多はげます会」だ。

 同町在住の幹事長、成田晃生さん(81)は「ニュースを見て、カチンと来た。ハゲが悪いことのように、身体的なコンプレックスを非難するのはひどい」と、まばゆい頭に血を上らせた。

 成田さんが頭髪に寂しさを覚えたのは23、24歳のころ。「前の方から攻められて、40歳ちょっと前でボウズになった。今は平気だけど、若いころは“ハゲ”という言葉に敏感に反応したよ」と話し、豊田議員への憤りをのぞかせた。

 「禿の光は 平和の光 暗い世の中 明るく照らす」がスローガンの同会。“はげ川柳”を読み合ったり、額に吸盤をつけひもで引き合う「吸盤綱引き」で腕ならぬ頭を磨きあげるなど、朗らかな活動を展開している。綱引き全国大会で2連覇中の成田さんは、ののしられた政策秘書に対しては「言いたい奴には言わせておけばいい。気にしないで」とハゲましていた。