ここから本文です

クレイジー&ビジー・ボーンの新ユニットがデビュー作を発売 ボンサグ集結曲も

6/23(金) 22:20配信

bmr.jp

クレイジー&ビジー・ボーンの新ユニットがデビュー作を発売 ボンサグ集結曲も

クレイジー&ビジー・ボーンの新ユニットがデビュー作を発売 ボンサグ集結曲も

日本では「ボンサグ」の愛称でも親しまれる人気ラップ・グループ、ボーン・サグスン・ハーモニーのメンバーであるクレイジー・ボーンが、先週、ソロ新作『Eternal Legend』などを2作を同時リリースしたのに続いて、今週はビジー・ボーンとのユニットのデビュー作を発表した。

2010年の『Uni5: The World’s Enemy』で久々に5人全員が揃ったボーン・サグスン・ハーモニーだが、メンバーの逮捕・服役、さらにメンバー間の衝突や脱退などもあってなかなか全員が揃う機会が無く、2013年に発表された『The Art Of War: World War III』も、ビジー、レイジー・ボーン、フレッシュン・ボーンの3人でレコーディングされ、『Uni5: The World’s Enemy』の未発表曲を収録するという形で残りのメンバーが参加しているという形態に。

その後、2014年にはオリジナル・メンバーの5人全員が揃う最後のワールド・ツアーと、グループとしてのラスト・アルバムをリリース予定していると発表するも、続報が聞こえてこないが、2015年に10年以上ぶりのソロ新作を発表するなど活発化していたクレイジー・ボーンの活動が、さらに勢いを増している。

クレイジー・ボーンはまず、6月16日におよそ1年半ぶりのソロ・アルバムとなる新作『Eternal Legend』を発売。この『Eternal Legend』には、アウトロウズのヤング・ノーブルが3曲でゲスト参加しているが、11年以上前の2006年にレイジー・ボーンと共に『Thugs Brothers』というコラボレーション・アルバムを発表していたヤング・ノーブルと共に新たなコラボ作『Thugs Brothers 2』を同日にリリースしたのに加え、翌週となる今週6月23日には、ボーン・サグスン・ハーモニーのビジー・ボーンと結成した「ボーン・サグス」(Bones Thugs)というデュオのデビュー・アルバム『New Waves』を発売している。

ソロ作『Eternal Legend』でのヤング・ノーブル参加曲“Apparently”を再収録もする『Thugs Brothers 2』は、アメリカでちょうど伝記映画『All Eyez On Me』が封切られ賛否両論呼んでいる故2パックの音声をフィーチャーするなどしているが、やはり話題の的となっているのは、昨年末に結成が発表された「ボーン・サグス」だろう。

ボブ・マーリーの息子スティーヴン・マーリーをゲストに迎えたデビュー・シングル“Coming Home”を今年3月に発表したクレイジーとビジーのデュオ=ボーン・サグスは、専用のSNSアカウントも用意して「新章の幕開け」に力を入れていたが、先週発売された『Eternal Legend』や『Thugs Brothers 2』と比べて、ボーン・サグスのデビュー・アルバム『New Waves』はゲスト勢も華やか。人気R&Bシンガーのタンクやエリック・ベリンジャー、またウォッチザダックやバマ・ボーイズのシンガー=ジェシー・ランキンスから、ジャジー・フェイ、バン・B、イェラウルフ、アンクル・マーダーらに加え、2010年にデビュー・シングル“Replay”が全米チャートで最高2位の大ヒットを記録したことで知られるアイヤズ、KORNのボーカル=ジョナサン・デイヴィスといった顔ぶれも。

さらに加えてこの『New Waves』には、レイジー、ウィッシュ、フレッシュら参加のボンサグ集結曲も用意されており、彼らのファンにもたまらないアルバムになっている。このデュオの誕生については一部で、メンバー間の対立から生まれたのではとの噂もあるが、ボーン・サグスン・ハーモニーとしてのツアーも現在行っており、現在は特に問題はないようだ。ボーン・サグス結成を発表した3月に米ヒップホップ・メディアのHip Hop DXのインタビューに応じた際も、「その噂は聞いたことがない」としながらも、「俺は俺のことをやってるし、それは他のメンバーにも言えることで、レイジーは『Perfect Timing』というソロ作を準備中だし、でもツアーはメンバーで一緒に回るし。これが俺たちのやり方だ」とビジーは説明し、「噂は間違ってるよ」とクレイジーが改めてメンバー間の対立説を否定。「他のメンバーも俺たち同様にアクティヴだよ。そして俺たちは俺たちのことをやるだけ」と付け加えている。

Bone Thugs (Bizzy & Krazie) 『New Waves』
1. Coming Home (feat. Stephen Marley)
2. If Heaven Had A Cellphone (feat. Tank)
3. Good Person (feat. Joelle James)
4. Fantasy (feat. Jesse Rankins)
5. That Girl (feat. Kaci Brown)
6. Let It All Out (feat. Jazze Pha)
7. Waves (feat. Layzie Bone, Wish Bone & Flesh-n-Bone)
8. Whatever Comes Up (feat. Jonathan Davis of KORN)
9. Cocaine Love (feat. Bun B & Jesse Rankins)
10. Bad Dream (feat. IYAZ)
11. Gravity (feat. Yelawolf)
12. Bottleservice
13. Change The Story (feat. Uncle Murda)
14. Ruthless (feat. Layzie Bone, Flesh-n-Bone & Eric Bellinger)
15. My Way (feat. DB Bantino) [Bonus Track]

最終更新:6/23(金) 22:34
bmr.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ