ここから本文です

ホンダの工場がランサムウェアの被害に、狙われたのは生産ライン制御のPC

6/23(金) 6:25配信

MONOist

 ホンダは、国内外の生産拠点が2017年6月18日にランサムウェアによる攻撃を受けたことを明らかにした。生産ラインを制御するシステムを扱うPCが被害に遭い、狭山工場(埼玉県狭山市)は6月19日に稼働を停止した。翌日の6月20日には生産を再開している。狭山工場以外の拠点に関しては被害を確認中だという。

【その他の画像】

 狭山工場は、「ステップワゴン」や「オデッセイ」「ジェイド」「レジェンド」「アコード」「フリード」を生産している。PCのどのような脆弱(ぜいじゃく)性がターゲットになったかについては、現在調査中だとしている。2017年5月にランサムウェア「WannaCry」が世界的に流行したことを受けて、ホンダでは社員に対して注意喚起するなど対策を講じてきたが、古いPCの代替は進んでいなかった。今後の対策については調整を進めている。

最終更新:6/23(金) 6:25
MONOist