ここから本文です

【マレーシア】ホンダ、ジャズの予約1300台超=発売2週間

6/23(金) 11:30配信

NNA

 ホンダ・マレーシアは22日、小型車「ジャズ」のガソリンモデルが、今月6日に発売してからの2週間で1,300台を超える予約を受け付けたと発表した。同社は発売から1カ月で1,200台の予約獲得を目標としており、好調な出足を切った。
 最も人気が高いグレードは「E」で、予約全体の40%を占めた。「V」が32%、「S」が28%と続いた。地域別では、首都圏クランバレーが42%と最大で、マレー半島南部が21%、北部が18%、東海岸部が13%、東マレーシアが6%となった。車体カラーは、モダンスチールメタリックが一番人気となっている。
 また、同時発売したスポーツハイブリッド(HV)モデルへの反応も良好だ。同モデルは、スポーツHV車では国内唯一となる9万リンギ(約232万円)以下の販売価格を実現しており、7月下旬から納車を開始する予定だ。
 納車期間は、ガソリンモデル、スポーツHVモデルともに、予約から1カ月以内としている。
 新型ジャズの販売価格(GST=消費税および保険料込み)は、マレー半島部でガソリンモデルがグレードSで7万4,800リンギ、グレードEが8万1,000リンギ、グレードVが8万8,400リンギ。スポーツHVモデルは8万7,500リンギとなっている。

最終更新:6/23(金) 11:30
NNA