ここから本文です

コリン・ファース「キングスマン」続編にカムバック!インターナショナル版予告に登場

6/23(金) 10:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 人気スパイアクションの続編「キングスマン ゴールデン・サークル」のインターナショナル版予告編がお披露目された。前作で死んだはずのコリン・ファース演じるハリーがカムバックする姿や、タロン・エガートンらのキレ味鋭いアクションシーンの数々が収められている。

【動画】「キングスマン ゴールデン・サークル」インターナショナル版予告編

 前作は、表の顔はロンドンの高級テーラーながら、その実態はどの国にも属さない世界最強のスパイ機関“キングスマン”の活躍を描いた。今作では、キングスマンの拠点が謎の敵“ゴールデン・サークル”に壊滅されたことで、一流のエージェントに成長したエグジー(エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)が、アメリカのスパイ機関“ステイツマン”に協力を求める。対照的な英米のエージェントたちは、文化の違いを乗り越え、敵の陰謀を阻止しようと奮闘する。

 このほど公開された予告編では、スマートなスーツに身を包んだ英国紳士となったエグジーの超人的なアクションと、ステイツマンのメンバーであるテキーラ(チャニング・テイタム)や、メカニック担当のジンジャー(ハル・ベリー)、壮大な陰謀を企むゴールデン・サークルのボスであるポピー(ジュリアン・ムーア)の姿が確認できる。また、前作でエグジーのスパイ研修のライバルであったチャーリー(エドワード・ホルクロフト)が再登場し、義手でロケットパンチを繰り出す人造人間となって立ちはだかる。

 さらに、死んだはずのハリーの姿が映し出され、驚くエグジーとマーリンの表情で映像は終了している。前作に続きメガホンをとるマシュー・ボーン監督は、「ハリーは戻ってくる。しかし、彼は私たちが知っているハリーではないんだ。彼はハリーだが、“ガラハッド(ハリーのコードネーム)”ではない」と複雑な展開になることを明かしている。

 一方、ボーン監督に全幅の信頼を寄せるエガートンは、「監督は、誰も見たことのないものに観客が飢えているのを知っているんだ。前作や、それ以前の作品でも新しいものを見せてくれたよね。だからこの作品でも、存在することすら知らなかった“ステイツマン”を発見して、まったく新しい世界を進んでいくよ」と仕上がりに自信をのぞかせている。公開時期は、今後発表される。

最終更新:6/23(金) 10:00
映画.com