ここから本文です

「X-MEN」スピンオフ映画「ニュー・ミュータンツ」の主要キャスト3人が決定

6/23(金) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 人気SFアクション「X-MEN」シリーズの新スピンオフ映画「ニュー・ミュータンツ(原題)」の主要キャスト3人が新たに決定したことが、米バラエティとDeadlineによって明らかになった。

 マーベル・コミックス原作、米20世紀フォックス製作による本作は、不安や悩みを抱えた若いミュータントたちのアドベンチャーを描くスーパーヒーロー映画。「ゲーム・オブ・スローンズ」のメイジー・ウィリアムズがオオカミに変身するスコットランド出身の少女ウルフズベイン役、アニヤ・テイラー=ジョイがテレポーテーション能力を有するマジック役で出演することがすでに決まっているが、今回新たにキャノンボール、ダニエル・ムーンスター、サンスポットの主要3役のキャスティングが発表された。

 まず、エネルギー放射によりロケットなみの高速で飛行できる不死身のミュータント、キャノンボール役に決まったのは、Netflixオリジナルドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のジョナサン役で大ブレイク中の英俳優チャーリー・ヒートン。他人が恐れるものを感じ取り、それを映像として投影する能力を備えたネイティブアメリカンの少女ダニエル・ムーンスター役には、実際にネイティブアメリカンの血を引くブルー・ハントが抜てきされた。そして、太陽光を吸収してエネルギーに変換する能力を持つブラジル人のミュータント、サンスポットには、米MTVの人気ドラマ「ティーン・ウルフ」や現在本国アメリカで配信中のNetflixオリジナルドラマ「13の理由」で人気急上昇中の若手イケメン俳優ヘンリー・ザガが扮する。

 多様な顔ぶれがそろった「ニュー・ミュータンツ(原題)」は、「きっと、星のせいじゃない。」のジョシュ・ブーン監督がメガホンをとり、脚本はブーン監督とナイト・リーが共同で執筆。サイモン・キンバーグ、カレン・ローゼンフェルトが製作を務め、7月初旬に撮影開始する。全米公開は、2018年4月13日予定。

最終更新:6/23(金) 11:00
映画.com