ここから本文です

『キングスマン: ゴールデン・サークル』のインターナショナル版予告映像公開

6/23(金) 17:26配信

CDジャーナル

 スパイ機関“キングスマン”に所属する、スマートなスーツに身を包んだ英国紳士たちの激しいアクションや、ギミック満載のスパイ道具が話題となり全世界でヒットを記録した2015年公開のマシュー・ヴォーン監督作『キングスマン』。その続編であり日本公開も決定している「キングスマン: ゴールデン・サークル」のインターナショナル版予告映像が公開されています。

 日本での公開が発表されると、わずか1日で公式Twitter(@kingsmanjp)のフォロワー数が1万人に達するなど、注目を浴びている本作。公開された予告編は、タロン・エガートン扮する主人公エグジーのスタイリッシュなカーアクションや、前作でスパイ候補生として登場したエドワード・ホルクロフト演じるチャーリーが“ロケットパンチ”を見舞うシーンが、フランク・シナトラの名曲「マイ・ウェイ」とシンクロしながら展開する『キングスマン』ならではの仕上がり。米スパイ機関“ステイツマン”に所属するカウボーイ風の男テキーラを演じるチャニング・テイタムや、謎の組織“ゴールデン・サークル”のボスであるジュリアン・ムーアほか、今作から登場する豪華キャストの姿も確認できます。

 また、予告編のラストには、コリン・ファース演じるエグジーの師ハリーが登場。前作で殺されたと思われたハリーの登場について、マシュー・ヴォーン監督は「ハリーは戻ってくる。しかし、彼は私たちが知っているハリーではないんだ。彼はハリーだが、“ガラハッド”(=ハリーのコードネーム)ではない」とコメントを寄せています。


© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

最終更新:6/23(金) 17:26
CDジャーナル