ここから本文です

戦線復帰で涙、大山志保が感謝を伝えたい人々

6/23(金) 19:54配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 2日目(23日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6545yd(パー72)

【画像】一カ月ぶり登場のアン・シネ 気になる2日目のウェアは?

胸回旋筋の肉離れが長引き2カ月ぶりにツアー復帰した大山志保が、通算2アンダーの47位で決勝ラウンドに進んだ。今週の開幕直前まで痛みの症状が心配されていたが、まずは大事な36ホールを無事に完走。この日は1イーグル3バーディ、1ボギー「68」の好スコアで初日97位の出遅れから巻き返した。

久しぶりの出場とあって、今週は地元宮崎県から両親が観戦に訪れている。「無理はしないこと」と痛みを心配する母と、「今週は頑張りなさい」という父。家族の支えが力になった。初日のスタートティで1打目を放つと、「ここに戻ってこられたことがうれしい」とこらえきれず、ギャラリーの拍手の中でポロポロと涙をこぼした。ケガで表舞台を離れたこの2カ月間、人知れず流した涙とは異なる味だった。

苦境の大山に力強く寄り添った“ファミリー”はもう一人いた。長年コンビを組む米国人キャディのデイナ・ドリュー氏だ。「シホは賞金女王にもなったし、五輪選手にも選ばれた。卑屈になることなく、自分に誇りを持てばいい。You can do it!(君ならできるさ!)」。そんな励ましの言葉に、時に折れかけた心は支えられたという。

完治していないまま今週の出場を決めたことに「出るのが早すぎたかな」と不安もあった。2日目を終えた今は、違う思いが40歳の心の中を占めている。「きっとデイナも苦しくて。彼の涙を初めて見た。アメリカに一時戻っていた彼に、『今週は知人のキャディに頼むから』と話したら、『僕たちはチームだから一緒に戦う』と戻ってきてくれた。痛みのこと、苦しいこと、いまデイナにはすべてを話せる。だからいま、いちばん感謝したいのは、キャディのデイナです」。

痛みとの戦いはまだ終着点が見えていない。けれど、「18ホールを歩いて2ラウンドできるなんて、数週間前までは正直、夢のようだった」。これまでもパワーの源となってきたファミリーを改めて見つめ、大山は“完全復活”への道のりを再び歩みだした。(千葉県袖ケ浦市/糸井順子)