ここから本文です

近畿・ジメジメ気温30度超え 豊中では33.3度を観測

6/23(金) 18:04配信

THE PAGE

 23日の近畿地方は、朝から梅雨の晴れ間が広がり、気温がグングン上昇。気象庁によると、同日午後5時までに大阪府内では豊中市で最高気温33.3度を観測したのをはじめ、枚方市は33.1度、大阪市で32.3度を観測するなど、暑い一日となった。

【写真特集】2017年かんさいのホタル 奈良や大阪で撮影

 また、湿度も高く、大阪では同日午前5時に86%を観測。以降、午後5時までに40%台をキープしており、ジメッとした暑さが体にこたえる。多くの観光客でにぎわう大阪市中央区道頓堀付近では、ビルの日陰でソフトクリームやジュースなど冷たいものを口にする人の姿が多くみられる。

 同所にある喫茶店で働く従業員の20代女性は「きょうはアイスコーヒーがめっちゃ出てました。冷房もガンガンきかせてます」などと笑顔で話していた。

 大阪管区気象台によると、あす24日の近畿地方は高気圧に覆われ晴れるが、次第に気圧の谷や梅雨前線の影響で曇る予報だという。大阪の気温は朝の最低が22度、最高気温が30度の予想となっている。

最終更新:6/29(木) 6:09
THE PAGE