ここから本文です

ドルトムント安堵、コンフェデで負傷のゲレイロが骨折免れる

6/23(金) 13:00配信

ISM

 ドルトムント(ドイツ)は現地時間22日(以下現地時間)、足の骨折の疑いも報じられていたポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロについて、打撲と発表した。

 ゲレイロは21日、ポルトガル代表として臨んだ2017年コンフェデレーションズカップのロシア戦で負傷。後半に途中交代となっていた。

 当初は骨折の疑いも報じられ、代表のフェルナンド・サントス監督もその可能性を示唆していたが、幸いにも打撲で済んだ模様。ドルトムントはクラブ公式HPで、ポルトガル代表チームから、打撲との報告を受けたと明かしている。

最終更新:6/23(金) 13:00
ISM