ここから本文です

バルサ、ドルトムントのデンベレに87億円超の移籍金提示か

6/23(金) 16:05配信

ISM

 現地時間22日(以下現地時間)、ドルトムント(ドイツ)に所属するウスマン・デンベレに対し、バルセロナ(スペイン)が高額の獲得オファーを出した可能性が浮上した。独『シュポルト・ビルト』誌(電子版)が伝えている。

 同誌がスペイン『Sport』紙の情報として伝えたところによると、バルサはデンベレ獲得を目指し、7000万ユーロ(約87億円)以上のオファーを提示しているという。同選手とバルサはすでに5年契約で合意に至っているとの噂も出ている。

 ただし、同選手はドルトムントと2021年まで契約を結んでおり、スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルク氏は21日、地元メディアに対し「ウスマン・デンベレは我々と長期契約を結んでいる」「交渉は行なわれていない。彼は来季もウチでプレーするよ!」と語っていた。

 なお、独『Sport1』が各メディアの情報としてまとめたところによると、ドルトムントは9000万ユーロの提示を受けて初めて交渉のテーブルに着く様子。バルサは5000万ユーロにボーナスでの2000万ユーロを上乗せした額をオファーしているようだが、ドルトムントが求める金額に届いていない。

 昨夏にレンヌ(フランス)から1500万ユーロでドルトムントに加わったデンベレは、たちまち評価を高め、いまやチームに欠かせない存在に。昨季はブンデスリーガ32試合に出場し、6ゴール13アシストを記録している。

最終更新:6/23(金) 16:05
ISM