ここから本文です

麻央さん訃報に宮本亜門氏「それはそれは全てが美しい方でした」

6/23(金) 14:12配信

東スポWeb

 乳がん闘病中だったフリーアナウンサー・小林麻央さんの訃報に、演出家の宮本亜門氏(59)が23日、所属事務所を通じて報道各社に追悼コメントを出した。宮本氏は市川海老蔵(39)の自主公演「ABKAI(えびかい)」(2013年8月、15年6月)の演出を手がけた際に麻央さんの姿に感銘を受け、その印象を明かしている。以下全文。

〈麻央さんは怒涛の最終舞台稽古の時も、最後列の一番端の席に座り、まるで観音様のような温かい眼差しで、海老蔵さんや皆を見守っていました。

 余りに優しい穏やかさに満ちて、それはそれは全てが美しい方でした。

 どうぞ安らかに。

 これからもご家族を見守ってあげてください。

 海老蔵さんとともに、良い作品を精一杯作らせていただきます。

宮本亜門〉

最終更新:6/23(金) 14:21
東スポWeb