ここから本文です

「ボディスライダー」一新 富士・砂山公園マリンプール

6/23(金) 9:35配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 富士市の砂山公園富士マリンプールは、老朽化に伴い2014年に撤去したカーブ型の滑り台遊具「ボディスライダー」をリニューアルし、22日に市職員らが試運転を行った。24日に今季の営業を開始する。

 ボディスライダーは全長67メートル。高さ7メートルのスタート地点から、8の字型のカーブを滑り落ちる遊具。身長120センチ以上であれば誰でも利用できる。

 1996年に開場したマリンプールは海沿いにあるため、塩害を受けて遊具の老朽化が進んだ。14年から3種類のスライダーの撤去や修繕を開始。16年に「マリンスプラッシュ」が新設され、修繕を終えたストレートスライダーも利用再開した。ボディスライダーのリニューアルで工事は完了する。

 同プールを指定管理する富士市振興公社の田中豊理事長は「3種類の遊具がそろい、来場者の増加が見込まれる。事故のないように気を付けて」と呼び掛けた。営業期間は9月3日まで。

静岡新聞社