ここから本文です

<降谷建志>初映画舞台あいさつでネタバレ発言 現場では「ドラゴンアッシュがもれる」?

6/23(金) 20:53配信

まんたんウェブ

 人気ロックバンド「Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)」の降谷建志さんが23日、東京都内で行われた映画「アリーキャット」(榊英雄監督、7月15日公開)のプレミア上映会に登場。窪塚洋介さんとのダブル主演作で、この日が初の映画舞台あいさつとなったが降谷さんは上映前の観客の前でヒロイン役の市川由衣さんに向かって「オレだけ“チュウ”してない」と“ネタバレ”してしまい、榊監督らから「この新人俳優が!」と叱られた。

【写真特集】窪塚洋介、全裸シーンは「フルCG」?

 それでも共演者から「(現場)堂々としていた」との声も上がった降谷さんは「何でもいろいろ聞くことを恥ずかしいとは思わないタイプなんで、毎日毎日、何十個も質問して。専門用語を覚えたりとか勉強していましたよね」と振り返った。また、撮影現場で降谷さんのことを「新人俳優」といじっていたというお笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんは「(降谷さんは)本当にすげー気さく。思っていた以上にすごい気さくなんですけど、ちょいちょい“ドラゴンアッシュがもれる”時がある」と明かすと、降谷さんは横で大笑いしていた。

 映画は、後遺症を抱える元ボクサーで、今は警備員のバイトで食いぶちをつなく“マル”こと朝秀晃を窪塚さん、保健所で保護ネコを引き取った際にマルと出会う“リリィ”こと梅津郁巳を降谷さんが演じ、ひょんなことからバディとなった男が二人が、一人の女を守るために奮闘する再生の物語。市川さんはシングルマザーとしてひたむきに生きるヒロイン役、品川さんはヒロインの元恋人で凶悪なストーカー役で出演している。

最終更新:6/23(金) 22:21
まんたんウェブ