ここから本文です

海老蔵「涙の会見」に総勢400人の報道陣集結

6/23(金) 16:25配信

東スポWeb

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が23日に行った会見には、スチールカメラ80台、記者60人、ムービーカメラ50台、総勢400人の報道陣が集まった。

 海老蔵は東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演中の自主公演「石川五右衛門 外伝」の正午からの部に出演。その劇場入りを追う報道陣が午前9時ごろから集まり始めた。

 会見は午後5時からの公演の合間に同劇場で同2時30分から行う予定だったが、多くの報道陣が押しかけたため混乱。会見は予定より7分遅れで始まった。

 海老蔵は乳がん闘病中だった妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)が22日に自宅で死去したと報告。会見は関係者から「5分から10分程度」という通達があったが「もう少し大丈夫です」と気丈に取材に応じた。

 また、劇場の周りでは海老蔵のファンが神妙な表情を浮かべ、一部からは「海老蔵、頑張れ!」との悲痛な叫びも上がった。

最終更新:6/23(金) 17:10
東スポWeb