ここから本文です

ケンブリッジ飛鳥、連覇「こだわる」 調子は今季一番

6/23(金) 6:43配信

デイリースポーツ

 「陸上・日本選手権」(23日、ヤンマースタジアム長居)

 22日は前日練習が行われ、日本人初の9秒台の期待が懸かる男子100メートルでは、3年ぶり2度目の優勝を狙う桐生祥秀(21)=東洋大=が3位に終わり涙を流した昨年のリベンジを宣言した。連覇を狙うケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ、4年ぶりの優勝が懸かる山県亮太(25)=セイコーホールディングス、追い風参考ながら9秒94をマークした多田修平(20)=関学大=らが3枠の世界選手権出場枠を争う。23日は予選と準決勝、24日に決勝が行われる。

 昨年のこの大会で初優勝したケンブリッジは「調子は今季で一番いいと思う。今年も優勝を目指したい」と連覇を狙う。「今季は自分の持ち味である後半のスピードが出てこなかったが、ここに来て上がってきた」と大一番に自信を見せた。

 4日の布勢スプリント(鳥取)で10秒12の世界選手権参加標準記録を突破。多田を含む4人がこのハードルをクリアしているが、ライバルの存在が「刺激にもモチベーションにもなる。いい環境で競技ができていると思う」とサバイバルを楽しむ余裕がある。

 「今回は勝ちにこだわりたい。しっかり勝てばタイムもついてくる」とあくまで照準は表彰台の中央。その先にしっかりと9秒台の壁をとらえている。