ここから本文です

<宮里藍選手>引退表明後初の米国ツアー「悔いのないようにベストを尽くしたい」

6/23(金) 22:03配信

まんたんウェブ

 宮里藍選手や野村敏京選手らが出場するLPGA女子ゴルフツアーの「ウォルマートNWアーカンソー選手権」が23日から米アーカンソー州のピナクルCCで開かれる。同大会は、メジャー第2戦「全米女子プロゴルフ選手権 KPMG女子PGA選手権」の前哨戦となるもので、WOWOWで連日生中継する。2012年に同大会で優勝し、現役引退表明後、初の米国ツアー出場となる宮里選手に意気込みなどを聞いた。

【写真特集】LPGA女子ゴルフ 宮里藍の美しきスイング

 ーー引退発表から1カ月たちましたが、改めて今の気持ちを教えてください。

 バタバタと時間が過ぎていった感じがしますが、サントリーレディースで自分の中では、いろいろ難しい1週間だったので、精神的にも体力的にもエネルギーを使ったなという感覚がありました。アメリカに戻る前にしっかりお休みしたいなと思っていたので、先週1週間お休みできたのはすごくよかったです。

 ーー米国に戻ってきて関係者や選手から声はかけられましたか。

 特にアメリカに戻ってきてから、いろんな人が声をかけてくれて「おめでとう」と選手やキャディーやLPGAのスタッフがみんなそう言ってくれて。「これから楽しみだね」「置いて行かれるのは寂しいな」とも言ってくれて。みんなすごく温かく、いろんな気持ちを言ってくれているので、すごくうれしかったです。

 ーー米国ツアーの中でも今大会コースは思い出深いと思いますが、コースの印象を教えてください。

 すごく好きな大会の一つで、特に地域密着型でローカルな人がこの大会をサポートしています。特に17番のパー3は年々力を入れていて、にぎやかな1ホールにしようとする動きも見られます。いろんな形がユニークだなと思う大会なので、その中で2012年に勝てたことはすごく大きかったと思いますし、私としてもいい思い出がたくさんあるので、すごく楽しみです。

 ーー優勝した5年前と今は何か違うところはありますか。

 5年前は(宮里)美香ちゃんと優勝争いをしていて、私の方が先に上がって、美香ちゃんの終わりを待っていたんですけど、今となってはすごくいい思い出です。5年たって年齢も重ねて、ゴルフの内容自体すごく変わってきたと思うので、5年前よりは少しゆとりを持ってプレーできているんじゃないかなと思います。

1/2ページ

最終更新:6/23(金) 22:03
まんたんウェブ