ここから本文です

「スター・ウォーズ」スピンオフ、新監督はロン・ハワードに

6/23(金) 12:04配信

映画ナタリー

若きハン・ソロを描く「スター・ウォーズ」スピンオフのメガホンをロン・ハワードが取ることが明らかになった。

これは、海外版「スター・ウォーズ」公式サイトで現地時間6月22日に発表されたもの。フィル・ロードとクリストファー・ミラーが監督を降板したことが6月20日に告知されていたが、このたび「ビューティフル・マインド」「ラッシュ/プライドと友情」などを手がけてきたロン・ハワードが監督を務めることが決定した。

同サイトにて、本作のプロデューサーであるキャスリーン・ケネディは「私たちには素晴らしい脚本、キャスト、スタッフ、そして偉大な映画を作るという責任があります。撮影は7月10日に再開する予定です」とコメントを発表している。

なおハワードはジョージ・ルーカスが1973年に監督した「アメリカン・グラフィティ」に俳優として出演、同作には「スター・ウォーズ」シリーズでハン・ソロを演じたハリソン・フォードも出演している。

最終更新:6/23(金) 12:04
映画ナタリー