ここから本文です

Facebookがミッション変更「世界のつながりをより密に」

6/23(金) 9:49配信

ITmedia NEWS

 米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは6月22日(現地時間)、シカゴで開催したFacebookグループのリーダーを対象とした初の「Facebook Community Summit」で、同社のミッションの変更を発表した。

【その他の画像】ミッション変更について語るマーク・ザッカーバーグCEO

 同社はこれまで、企業のミッションとして「making the world more open and connected(世界をよりオープンにし、つなげる)」を掲げてきたが、新たなミッションは「bring the world closer together(世界のつながりをより密にする)」。

 ザッカーバーグ氏はこれまで、人々につながるためのツールを提供すれば世界は自然と良くなっていくと考えていたが、社会はいまだに分断されており、単に世界をつなげるのではなくそのつながりをより強めるための努力が必要だと確信したという。

 完全なミッション声明は「give people the power to build community and bring the world closer together(人々にコミュニティ構築の力を提供し、世界のつながりを密にする)」となっている。

 ザッカーバーグ氏は社会におけるオフライン/オンラインのコミュニティの重要性を説き、Facebookのユーザーの約半数に当たる10億人が何らかの“有意義な”グループに帰属することを目指すと語った。

 このミッションを遂行するためにはFacebook自身だけでなく、ユーザー、特にコミュニティリーダーの協力が必要だとザッカーバーグ氏が語り、サミットに集まったグループリーダーにFacebookグループの管理者向け新機能を紹介した。

 同社はまた、ユーザーが自分に適したコミュニティを見つけることを助けるAIツールを導入したことも発表した。このツールを導入したところ、意義のあるコミュニティに参加したユーザーが50%増加したという。

最終更新:6/23(金) 9:49
ITmedia NEWS