ここから本文です

OKI、商用バンで移動できるATMを発売…高齢者住宅への巡回訪問も可能

6/23(金) 20:45配信

レスポンス

OKIは、市販商用バンに搭載できる「モジュール型ATM(現金自動預払機)」を6月23日より販売開始し、10月より出荷を開始する。

[関連写真]

モジュール型ATMは、実績のあるOKIの紙幣還流型ATMに機動力を持たせた活用を図るために開発したもの。従来のATMを3つのモジュール(基本部、通帳部、紙幣部)に分割し、無線対応したことで、一般車両に搭載できる機動力を備えた。場所を問わず、入出金や振込、通帳記帳・繰越、残高照会などのATM取引を利用できる。

従来の大型トラック等を使った移動店舗と比べて、市販商用バンに搭載できるため、車両の改造や大型運転手などが不要で、導入コストや維持コストを大幅に削減。また、大型トラックでは入れなかった細い路地や駐車スペースの狭い場所にも乗り入れることができる。

モジュール型ATMを採用することで、金融機関はATMの空白地や高齢者向け住宅などへの巡回訪問が可能になり、顧客利便性の向上と顧客接点の強化を図ることができる。また利用者は、コンビニATMではできない通帳の記帳や繰越しなどで、金融機関店舗に行く必要がなくなる。

OKIはモジュール型ATMについて、金融機関向けに3年間で1000台の販売を目指す。なお受注第1号機は、しまね信用金庫にて11月頃より運用を開始する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/23(金) 20:45
レスポンス