ここから本文です

新京成電鉄「ふなっしー」とコラボ 7月からラッピング列車

6/23(金) 21:15配信

レスポンス

新京成電鉄と千葉県船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」は6月23日、コラボレーション企画を実施すると発表した。7月から9月にかけ、新京成線でラッピング列車の運行やスタンプラリーなどが行われる。

[関連写真]

新京成電鉄は松戸~京成津田沼間26.5kmの新京成線を運営。このうち二和向台~前原間の9駅が船橋市内にある。今年は新京成線が開業70周年を迎え、「ふなっしー」は「地上降臨5周年」という設定。新京成電鉄と「ふなっしー」はこれに伴い、今夏限定でコラボレーションを企画した。

ラッピング列車「ふなっしートレイン」は、7月1日から9月30日まで運行される予定。8800形電車の6両編成1本を使用する。先頭部には、新京成電鉄の制服を着た「ふなっしー」とナシ、ヒマワリをデザインしたヘッドマークを掲出。車体側面のデザインは後日発表の予定だが「所狭しといろんなポーズのふなっしー」がデザインされるという。

スタンプラリーは7月1日から8月31日まで実施。新京成線各駅で配布される専用チラシに、松戸・鎌ヶ谷大仏・三咲・新津田沼各駅のスタンプを3カ所以上集めて応募すると、抽選で賞品が274人にプレゼントされる。

このほか、新京成線を自由に乗り降りできるフリー切符「乗りトク! ふなっしートレイン運行記念 おでかけきっぷ」も発売される。利用できる日は7月1日から8月31日までの任意の3日。発売額は大人1000円・子供500円で、7月1日から8月29日まで新京成線各駅(新鎌ヶ谷・京成津田沼両駅除く)で発売される。ただし発売枚数は大人4000枚・子供500枚限定となっており、売切れ次第販売を終了する。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:6/23(金) 21:15
レスポンス