ここから本文です

【ゼロワン】ノアの刺客・拳王 「火祭り」初参戦

6/23(金) 16:45配信

東スポWeb

 ノアの前GHCタッグ王者・拳王(32)が、今年で17回目の開催となるゼロワン真夏の祭典「火祭り」(7月9日、名古屋で開幕)に初出場することになった。

 ゼロワンは22日の後楽園ホール大会メーンで火祭り出場選手による8人タッグ戦を開催。大混戦の末、最後は昨年覇者の小幡優作(33)をW―1の稲葉大樹(29)が沈めた。すると拳王のテーマ曲が鳴り響き、スクリーンにその姿が映し出された。拳王は「オレの今のタッグパートナー・杉浦貴が認めた男、田中将斗! テメーの首を狩りに火祭りに出てやるからな!」と宣戦布告した。田中は「杉浦貴に、そんなに簡単にオレの首が取れるか聞いてこい!」と激怒して応じた。

 杉浦は心房細動手術のため現在欠場中。7月14日にカテーテル手術を受ける予定で本人は10月の復帰を希望している。パートナー不在となった拳王は数日前に「ひと昔前に杉浦貴にものすごい近い人間がいたことに気づいた。その首を狙いに行ったら面白いんじゃないか」と明かしていた。その標的とは、杉浦との名コンビ「弾丸ヤンキース」で東京スポーツ新聞社制定2014年度プロレス大賞最優秀タッグ賞を獲得した田中だったわけだ。

 火祭り初出場が電撃決定した拳王はどんな戦いをゼロワンで見せるのか。異色メンバーがそろった今年の火祭りは例年以上に熱く燃え上がりそうだ。

最終更新:6/23(金) 19:08
東スポWeb