ここから本文です

コロコロ×藤子・Fミュージアム、「大長編ドラえもん」シリーズ中心に展示

6/23(金) 12:49配信

コミックナタリー

コロコロコミック(小学館)と「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」のコラボによる展示イベント「ドラえもん×コロコロコミック 40周年展」が、7月8日から2018年1月15日まで同ミュージアムにて開催される。

【写真】「ドラえもん×コロコロコミック 40周年展」イメージ(他15枚)

1977年に創刊し、今年で40周年となるコロコロコミック。今回の企画展には「大長編ドラえもん」シリーズ全17作品のほか、同誌の表紙のためにマジックで描かれた「ドラえもん」の原画約40点が公開される。また「パーマン」「宙犬トッピ」「宙ポコ」など、コロコロコミック、別冊コロコロコミックに掲載された作品の原画も。当時の担当編集者やアシスタントのエピソードを交え、コラボ企画ならではの構成で展開される。

そのほか併設されているミュージアムカフェには、「大長編」シリーズをモチーフにした「のび太の恐竜白亜紀プレート」や「海底鬼岩城ポセイドン冷やしまぜ翡翠めん」など、期間限定のオリジナルメニューが登場。コロコロコミック創刊号の表紙イラストがあしらわれた「創刊号ケーキ」やカフェラテも用意される。さらにミュージアムショップにもクリアファイル、アクリルキーホルダー、ピンズなどの企画展限定グッズがラインナップ。「ドラえもん」ファン、コロコロ読者は足を運んでみては。

(c)Fujiko-Pro