ここから本文です

日本ハム近藤「腰部椎間板ヘルニア」で手術の可能性

6/23(金) 18:10配信

東スポWeb

 22日に「腰部椎間板ヘルニア」の診断を受けていた日本ハムの「4割打者」近藤健介捕手(23)に手術の可能性が出てきた。

 近藤は23日の楽天戦前に札幌ドームを訪れ、栗山監督やトレーナーと今後について話し合った。福島チーフトレーナーは「(動けない状況が)長くなる場合、そうなる(手術)と思います。ちょっと様子を見て、ドクターや専門の先生と話してみてからですね」と手術の可能性を否定しなかった。

 全治期間については「手術の方法次第でなんとも言えないが、長くはかかると思います。シーズンはダメな可能性があります」と今季中の復帰は絶望との見解を示唆した。

 近藤は今季50試合に出場し、打率4割7厘、出塁率5割6分7厘でパ・リーグ打撃部門のトップを独走していたが、右太もも裏の張りを訴え4日の阪神戦を欠場。11日に出場選手登録を抹消された。

最終更新:6/23(金) 18:10
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 20:25