ここから本文です

米フェイスブックがミッション変更、グループ活動重視の姿勢示す

6/23(金) 12:46配信

ロイター

[サンフランシスコ 22日 ロイター] - 米インターネット交流サイト(SNS)大手フェイスブック<FB.O>のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は22日、同社のミッションを変更し、社会人サークルや地域団体などのグループ活動を支援する姿勢を鮮明にした。

同社は地域密着型SNSのネクストドアやミートアップなどからの競争圧力にさらされている。

ザッカーバーグ氏は自身のフェイスブックで、同社の新たなミッションは「人々にコミュニティー構築の力を与え、世界のつながりをもっと密接にする」ことだと説明し、これまでの「人々に情報共有の力を与え、世界をもっとオープンにし、つながりを強める」から変更した。

同氏はこの日、シカゴでフェイスブックのグループ機能を活用するユーザーらと面会。同氏は米CNNテレビとのインタビューで、「数千人が集まるグループの運営にはツールが必要になる」とし、そういったツールの構築を目指していると述べた。

最終更新:7/8(土) 20:59
ロイター