ここから本文です

ユーロ圏総合PMI速報値、6月は55.7 予想外に低下

6/23(金) 18:20配信

ロイター

[ロンドン 23日 ロイター] - IHSマークイットが発表した6月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は55.7で、2011年4月以来の高水準だった5月と4月の56.8から予想外に低下した。サービス部門の拡大ペース鈍化が響いた。

指数は50が景気の拡大・悪化の分かれ目となる。

IHSマークイットの首席ビジネスエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「現時点ではあまり懸念していない。好調が続き、企業の生産能力拡大ペースが一部で頭打ちになった可能性がある」と指摘した。

同氏によると、PMIからみて第2・四半期の成長率は今月のロイター調査の予想の0.5%を上回る0.7%が見込まれる。

投入価格指数の上昇は鈍化。産出価格指数は52.4から51.8に低下した。

サービス部門PMIは5月の56.3から54.7に低下。40人超のエコノミスト予想の最低値を下回った。

雇用指数は53.8で前月と変わらずだった。

製造部門PMIは57.3で前月の57.0から上昇し、予想の56.8を上回った。

生産指数は58.5で5月の58.3から小幅上昇し、2011年4月以来の高水準だった。

新規受注指数は急伸、完成品の在庫指数は47.9で5月の49.1から大幅低下した。

最終更新:7/17(月) 23:00
ロイター