ここから本文です

海老蔵 溢れる涙で気丈会見 麻央さん最期に「愛してる」と口にし息引き取る

6/23(金) 14:40配信

デイリースポーツ

 がん闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが34歳の若さで22日に亡くなった。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が23日、舞台公演中の東京・渋谷のシアターコクーンで会見し、「昨日夜に妻麻央が旅立ちました」と大粒の涙を流しながら最愛の妻の死を伝えた。麻央さんは息を引き取る直前に「愛してる…」と口にしたという。

【写真】海老蔵ファミリー記念の一枚…麻央さん わが子&夫への愛が伝わるまなざし

 午後2時37分、黒いスーツ姿で姿を見せた海老蔵は「このたびわざわざ報告するようなことではないんですけれども、家の前にも多くのマスコミの方いらっしゃいまして、ご報告するのも義務かと思っております。昨日夜に妻麻央が旅立ちました」と伝えた。

 海老蔵はこの日正午から、同劇場で自主公演「ABKAI2017~石川五右衛門 外伝~」昼の部を気丈に演じ切った後に会見に臨んだ。昼の部公演終了からわずか30分後。緞帳が下りたステージの前で、200人を超える報道陣を前に最愛の妻の死について涙をぬぐいながら、気丈に麻央さんの闘病、最期の瞬間、子供たちの様子、麻央さんへの愛を、20分にわたり気丈に語った。

 麻央さんは21日はしゃべることができたが、22日になるとしゃべることができなくなっていた。容体急変の連絡を受け、公演終了後に急いで自宅に戻ると「(麻央は)まだこの世にいてくれて…」と涙。横たわった麻央さんの前に座ると、、麻央さんは呼吸が苦しそうにしていたというが、「息を引き取る瞬間…私は見ていました。最期に私が前に座って、呼吸が苦しそうだった…最期に『愛してる』と…。“る”は聞こえたか分からないんですが、愛してる…と」と話すと大粒の涙がとめどなくあふれ、手で涙をぬぐった。