ここから本文です

海老蔵が号泣会見、麻央さん最期の言葉は「愛してる」…臨終の様子明かす

6/23(金) 15:00配信

デイリースポーツ

 がん闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが22日に34歳の若さで死去したことを受け、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が23日、東京・渋谷のシアターコクーンで緊急会見を開き、麻央さんが「愛してる」と言い残して息をひきとったことを号泣しながら明かした。

【写真】亡くなった麻央さんへの思い…涙を止められない海老蔵

 麻央さんが亡くなったのは22日の夜。海老蔵は自主公演、撮影、稽古と仕事が立て込んでおり、麻央さんの母親からの「具合が悪い」というLINE連絡を読めなかったが、臨終には立ち会うことができたという。

 麻央さんは「呼吸が苦しかった」といい、「おととい(21日)はしゃべれたんですけど、昨日(22日)はずっとしゃべれなくて」という状態だった。

 海老蔵は「息をひきとる瞬間を私、見てました。これは本当に不思議なんですけど、『愛してる』と言って…彼女が…」と絶句。涙をあふれさせながら「そのひと言を言って…」と続けると、目をぬぐって「泣いちゃいますよね」と断り、「そのひと言、『愛してる』と言って、本当にそれで、そのまま旅立ちました」と、臨終の様子を明らかにした。

 「『る』が聞こえたか聞こえないかはちょっと分からないんですけど、『愛してる』と言って旅立つのが…」と続けた海老蔵は、止まらない涙を両手でぬぐい、「なんて言うんでしょうか…こんなに愛されていたのはよく分かっていたんですけど、最後の最後まで、愛してくれていたことに…」と鼻をすすりながらまたもや絶句。

 それでも気丈に、「なんとも言えませんね。すみません。昨日の今日で…なんの準備もできていなくて、こんなところで、お見苦しいところをご覧に入れて」と、集まった報道陣に謝罪した。

 海老蔵はこの日正午から、同劇場で自主公演「ABKAI2017~石川五右衛門 外伝~」昼の部を気丈に演じ切った後、観客が退場した客席に報道陣を入れるという異例の形で記者会見を開いた。