ここから本文です

最後の言葉「愛してる…」に感動の渦 ネット「魂を揺さぶられる」「涙溢れる」

6/23(金) 15:50配信

デイリースポーツ

 がん闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが34歳の若さで22日夜に亡くなった。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が23日、舞台公演中の東京・渋谷のシアターコクーンで会見し、「昨日夜に妻麻央が旅立ちました」と大粒の涙を流しながら最愛の妻の死を伝えた。麻央さんは息を引き取る直前に「愛してる…」と口にしたという。

【写真】亡くなった麻央さんへの思い…涙を止められない海老蔵

 22日には話すことができなくなっていた麻央さん。海老蔵が横たわっている麻央さんの前に座ると、呼吸が苦しそうだったが、海老蔵は「不思議なことなんですが」と振り返りながら、麻央さんが「息をひきとる前に『愛してる』と言って…彼女が…」と話すと涙。海老蔵はしばらく目を閉じ、呼吸を整えてから「愛してる、その一言を言って……泣いちゃいますよね。愛してる、と言って、本当にそれで、そのまま旅立ちました」とあふれる涙をぬぐいながら語った。

 この愛溢れる最後の言葉にネットには感動が広がった。「持てる力を振り絞ったんでしょうね…」「魂を揺さぶられる」「最後に愛してると言えて本当によかった」「素晴らしい夫婦、素晴らしい絆」「ずっとそばにいるというメッセージだと思う」「見ていて涙が溢れた」「麻央ちゃん、幸せだったと思う」など、麻央さんと海老蔵さんの絆に感激の声が上がっていた。

 この「最後の言葉」がツイッターでは一時、ツイッターのトレンドワードに浮上。そのほかも「小林麻央さん」「海老蔵さん会見」など、海老蔵や麻央さん関連の言葉が上がっていた。