ここから本文です

海老蔵 麻央さんから教わったものは「愛」

6/23(金) 16:08配信

デイリースポーツ

 がん闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが22日夜、亡くなった。34歳の若さだった。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)は23日午後2時半過ぎ、舞台公演中の東京・渋谷のシアターコクーンで会見し、麻央さんから教わったもの、教わっていくものは「愛」だと吐露した。

【写真】麻央さん 長男・勸玄君と夫・海老蔵の舞台を見守る

 何度も何度も涙をぬぐい、言葉を詰まらせながら、麻央さんへの思いを語った。闘病中、姉の麻耶が体調を崩した時や麻央さんの母が看病で疲れている時も、自身の方が大変な状況なのに「自分よりも相手のことを心配する優しさ。こういう言葉ということではなくて。どこまでも自分よりも相手のことを思う気持ち」を持って、周囲に接していた麻央さんにあらためて心を打たれていたという。

 自身のブログではコメントなどを通じて、がんと闘う人たちや、応援してくれる人と交流を持った。「何か同じ病の人たちや、苦しんでいる人と悲しみや喜びを分かち合う妻の姿は。私から言うと、なんか、人ではないというか…。何か、何というんですかね。すごい人だなと」と涙ながらに感嘆し、「総合的に教わったこと、今後も教わり続けることは『愛』なんだと思います」と言い切った。