ここから本文です

【ソフトバンク】ドラ1正義、3軍練習試合でプロ初登板 MAX152キロ「今シーズン中に1軍で投げられたら」

6/23(金) 14:40配信

スポーツ報知

 ソフトバンクのドラフト1位ルーキー・田中正義投手(22)が23日、3軍練習試合の西部ガス戦(筑後第二)でプロ初登板。実戦復帰のマウンドで、球団の計測でMAX152キロをマークするなど、1回無安打無失点と上々のデビューを飾った。

 2月下旬の紅白戦での登板を最後に、右肩の違和感で実戦から遠ざかっていた右腕。5回から2番手でマウンドに上がり先頭打者を右飛、続く打者を143キロの直球で空振り三振。最後も直球で左飛に打ち取りパーフェクト投球だった。

 「これで第一歩を踏み出せた。マウンドでしっかりと腕を振れたことが収穫」。打者3人に対し13球を投げ、変化球はフォークの1球だけ。球場表示のMAXは144キロだった。「これから球数、イニングを増やしていきたい。段階を踏んでいって、今シーズン中に1軍で投げられたらうれしい」と今後の目標を明かした。

最終更新:6/23(金) 16:32
スポーツ報知