ここから本文です

細野晴臣「キネマ旬報」連載が書籍化、中沢新一との対談も掲載

6/23(金) 20:20配信

音楽ナタリー

細野晴臣の著書「映画を聴きましょう」が10月上旬に刊行される。

今作は映画雑誌「キネマ旬報」で連載中の細野による同名コラムを書籍化したもの。彼はこの中でテレビ西部劇「ララミー牧場」に出演していたホーギー・カーマイケルの名曲「香港ブルース」、フェデリコ・フェリーニ監督作品を数多く手がけた作曲家ニーノ・ロータによる「カビリアの夜」といった自身も演奏する映画音楽や、ウディ・アレン監督の最新作「カフェ・ソサエティ」などを挙げながら、子供の頃からこれまでの映画体験の記憶をたどっている。なお2012年8月下旬号よりスタートした本連載は、2017年7月下旬号で55回を迎えた。

【写真】細野晴臣「映画を聴きましょう」より。(他1枚)

書籍には人類学者・中沢新一との映画対談も収録。さらに「パンの漫画」で知られるマンガ家・堀道広による描き下ろしイラストで、細野の記憶に残る映画のワンシーンが再現される。

最終更新:6/23(金) 20:20
音楽ナタリー