ここから本文です

セ・リーグ首位攻防戦でボールが消えた!?広島・田中の打球はリプレー検証

6/23(金) 18:19配信

デイリースポーツ

 「広島-阪神」(23日、マツダスタジアム)

 広島の初回の攻撃でいきなり、ボールが“消える”珍プレーが起こった。左翼フェンスのラバー部に穴があき、そこにボール入り込むアクシデントだ。

【写真】昨年もあった!広島・田中が正真正銘の一発!ビデオ判定も“三度目の正直”

 先頭の田中が初球、メッセンジャーの直球をフルスイングした。打球は左翼後方へ。福留が必死に背走したが、打球はジャンプしたグラブの上を越えた。フェンス直撃に見えたが、ここでボールが消え、一度は本塁打の判定。だが、福留が右手を振って抗議し、審判団が集まってリプレー検証が行われた。

 数分の検証後、責任審判の橘高三塁審判が「ボールがレフトのラバーの中に入っていましたので、二塁打として走者二塁で再開します」と説明。試合が再開した。

 球場がざわつく中で、続く菊池がバント安打で出塁。一、三塁から丸の適時二塁打で広島が先制。さらに鈴木、松山の犠飛で加点した。

スポーツナビ 野球情報