ここから本文です

「おかあさんといっしょ」横山だいすけお兄さんソロデビュー、曲制作はいきもの水野良樹

6/23(金) 21:00配信

音楽ナタリー

NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の11代目“うたのおにいさん”を務めた横山だいすけがソロデビュー。8月23日に初のシングル「さよならだよ、ミスター」をリリースする。

【写真】左から水野良樹、本田紗来、横山だいすけ。(他4枚)

ソロデビュー曲「さよならだよ、ミスター」は、成長する子供に向けて大人から贈る「旅立ちのエール」をテーマにしたメッセージソング。8月25日から劇場公開される映画「くまのがっこう&ふうせんいぬティニー」の主題歌として制作された。

作詞作曲はいきものがかりのリーダー・水野良樹が担当。サウンドプロデュースは蔦谷好位置が手がけ、コーラスで現在10歳のフィギュアスケーター・本田紗来が参加している。なお、この楽曲は6月28日(水)早朝にTOKYO FM / JFN35局ネットで放送される「中西哲生のクロノス」にてどこよりも早くオンエアされる。

横山は国立音楽大学音楽学部で声楽を専攻し、卒業後の2005年に劇団四季に入団。2008年から「おかあさんといっしょ」の“うたのおにいさん”に就任し、「かぞえてんぐ」のコーナーなどで人気を博した。2017年3月に番組を卒業するまで、横山は歴代最長の9年間にわたって“うたのおにいさん”を務めた。

横山だいすけ「さよならだよ、ミスター」収録曲
01. さよならだよ、ミスター
02. さよならだよ、ミスター カラオケver.

最終更新:6/23(金) 21:00
音楽ナタリー