ここから本文です

全柔連新会長の山下泰裕氏「品格ある柔道界に」

6/23(金) 18:58配信

デイリースポーツ

 全日本柔道連盟(全柔連)は23日、都内で評議員会と理事会を行い、84年ロサンゼルス五輪男子無差別級金メダリストで国民栄誉賞の山下泰裕氏(60)の会長就任を正式決定した。

 13年に不祥事で揺れ動いた全柔連を改革し、このたび定年に伴って退任した宗岡正二前会長(71)と2ショットで会見を行った山下氏は「全柔連はまっとうになってきたが、まだまだ抱えている問題がたくさんある。各団体と連携を深めながら、安心安全で、礼節を重んじ品格のある柔道界を全身全霊で目指す」と所信表明した。

 2020年東京五輪に向けては「メダルの数よりも色にこだわりたい。地元開催で、金メダルへの期待は大きいと思う。(新種目に決まった男女混合)団体戦も含めて、リオ五輪(3個)の倍くらい目指していければ」、と、会長としてあらためて目標を示した。