ここから本文です

海老蔵【一問一答・4(終)】来世も麻央さんと…「僕が愛想つかされないように」

6/23(金) 19:34配信

デイリースポーツ

 乳がんを公表し、闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが22日夜に34歳で亡くなった。夫の歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)は23日、東京・渋谷区のシアターコクーンで会見を開き、プロポーズの言葉「来世も再来世も一緒にいよう」を思い出しながら「そのつもりです。僕が愛想つかされないように頑張らないと」と気丈に語った。【以下、一問一答の要旨(4)】

 -麻央さんから託されたものは。

 「多すぎて言葉に出せないですね。この後も舞台がありますし、来月も(公演が)すぐありますし。子どもの稽古もありますし。麗禾の成長のことも考えますし。これからまだ、(子どもは)5歳と4歳ですから。これからお母さんという存在が、彼女や彼には重要な存在になるではないですか。僕は代わりにはなれないですけど、できる限りのことをやっていこうと思っています」

 -麻央さんの言葉で思い出すものは。

 「言葉というか、お姉さんの麻耶さんがちょっと調子悪かった時に、例えば私が舞台で非常に疲れた時も、彼女自身がもっと重い病にかかっている。そして、お母さまが看病に疲れた時も、麻央の方がもちろん大変なのに、自分よりも相手のことを心配する優しさ。こういう言葉ということではなくて。どこまでも自分よりも相手のことを思う気持ち。一番重かったですね」

 -どんな奥さまだと思うか。

 「僕を変えた奥さんなんじゃないですか。(どんなところかは)分かりません」

 -プロポーズの際、「来世も一緒に」という話を婚約会見でしていた。

 「そのつもりです。その話もしました。僕が愛想つかされないように頑張らないといけないのかなと(思います)。(その話をした時)喜んでいました」

 -麻央さんに伝えたいことは。

 「まだね、昨日の今日なので、こういうところ(今の会見)も聞いていると思う。全部聞いていると思うので、言わなくても伝わると思う。いつも思っているようなことですね」

 -ブログに励まされた方へ。

 「麻央のブログや麻央の存在で励まされた方々がいらっしゃるということで、今回このような形も、ある意味、とらせていただいたと思うんです。そのようなことがなければ、このようなことをご報告すること自体が、形としてはどうかと思います。多くの、麻央のことを応援してくださった方、麻央とともに戦ってくれる方々。本当に…。昨日、先に旅立ちましたけれども、ずっと麻央はきっと皆さまのそばにいると思うので、本当にいろいろありがとうございました」