ここから本文です

海老蔵【一問一答・2】麻央さんとの自宅での時間「かけがえない」

6/23(金) 19:34配信

デイリースポーツ

 乳がんを公表し、闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さんが22日夜に34歳で亡くなった。夫の歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)が23日、東京・渋谷区のシアターコクーンで会見を開き、自宅で最期までを一緒に暮らせたことを「かけがえのない時間を過ごせたと思いますね」と振り返った。【以下、一問一答の要旨(2)】

【動画】海老蔵が号泣会見…麻央さん最期の言葉は「愛してる」

 -ご自宅で送ることができて良かったか。

 「それはとても、良かったと思います。お母さまもお父さまも、私もお姉さま、麻耶さまも。子供たちもずっとそばにいられたのですごく良かったなと。私は父を病院で亡くしているので。病院の時とは違う、家族の中で、家族とともに一緒にいられた時間というのはかけがえのない時間を過ごせたと思いますね」

 -お子さまもご一緒にみとられたか。

 「子供たちも見ていました」

 -勇気や愛情、笑顔を忘れずに闘病されていた。

 「本当に笑顔と勇気と愛情。そして、決してぶれない自分。そしてどんな状況でも相手のことを思いやる気持ち。まあ、愛ですよね。そういった力が…。最期までぶれず。おとついまで笑顔で話して。昨日はちょっと調子も悪かったので。われわれ家族も急にそうなってしまったので、戸惑った部分も、すごく大きかったです」

 -海老蔵さんからはどのような言葉を送ったか。

 「この世にある、ありとあらゆる言葉を耳元で話していました」

 -麻央さんはどんな存在ですか。

 「私のどんな部分も、どこまでも、愛してくれていたので。存在というのは。…うーん…。まあねえ。存在ねえ。できれば、ずっと一緒にいて、私の方が先に逝って、彼女にはもっと幸せに、もっと楽しく、家族やお友達やご家族が、麻耶さんやお父さまやお父さまが。そして私が役者として成長していく過程を、ずっと見守ってもらいたかった存在です」