ここから本文です

ソフトバンク・東浜が完封で8勝目 柳田が3打席連続弾で6打点 首位楽天と0・5差に

6/23(金) 20:52配信

デイリースポーツ

 「ソフトバンク10-0西武」(23日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの東浜巨投手が8勝目を今季初となる完封で飾った。西武打線に7安打は許したが、要所を締めて三塁を踏ませぬ投球でスコアボードに0を9つ並べた。

 打線は柳田が第2打席から16、17、18号を3ラン、2ラン、ソロと放つ3打席連続本塁打。17号弾は通算100号のメモリアルアーチとなった。

 24日の試合に連続打席本塁打の可能性を残した柳田は「信じられない」と驚きの表情を浮かべながらも「(100号は)いいスイングができた。こんなに打てるとは思っていなかった」と白い歯を見せていた。

 首位の楽天が敗れたため、その差は0・5差に縮まった。

 西武は先発した菊池が2回1/3を7安打7失点と大誤算。菊池はプロ8年目でソフトバンク戦ではこれで16試合の登板で0勝11敗となった。チームも交流戦から3連敗となった。